2023.07.18

 7月10日(月)に,高等部生徒6名が引率2名の教員とともに名古屋大学宇宙地球環境研究所に行ってきました。午前中は生徒たちの研究発表をし,午後は研究所と研究室の見学および名古屋大学の先生の講義を受けました。 この活動では,NASAが人工衛星に搭載た装置を用いて地球上の様々な場所を観測している大気CO2濃度のデータを分析しています。また,上記の研究所から世界に一つの大切な装置をお借りし,大気中のCO2濃度を観測しています。

 生徒たちは、6月13日と20日の2回,日中の継続した観測を行いました。どちらの観測も太陽光を用いた赤外線吸収スペクトルを分析するという同様の方法がとられていることが,この研究のユニークなところです。 生徒が主体的に行っているこれら2つの研究課題について,生徒自らがその最新結果を発表してきました。研究所の先生方の前で発表をさせていただき,誠実で熱のこもった指導た助言をいただいた経験は,生徒たちの今後の人生においても必ず役立つものだと思います。

 一方,見学や講義を通して,大学の研究所で行われている研究の内容はもとより,実験や研究室の雰囲気を生徒たちが体験できたことは,貴重な経験として心に刻まれることでしょう。本気で研究している人々との関わりの中で,研究に対する姿勢が生徒たちに伝わっくれたらと願っています。

(文責)理科:河野 光彦