2021.11.25

去る11月8日(月)に本校の2015年度卒業生で、2021ミス日本グランプリに選ばれた松井朝海(まついあさみ)さんに今のSIS7年生に向けてご講演をして頂きました。


2021ミス日本グランプリ


この講演は7年生の学年プロジェクトである「世の中をちょっとええとこにするプロジェクト」の一環です。

このプロジェクトは、SISの教育目標である「知識と思いやりを持ち、創造力を駆使して世界に貢献する個人」になるための最初の一歩を踏み出す大切なものです。
目標は、「7年生全員で、みんなの身の回りの人にとってちょっとええとこを作る!」です。今までにJICAで国際協力を長年されている砂田雅則さん(SIS保護者の方)や、SISの卒業生で2021ミス日本に輝いた松井朝海さん(写真中央)をお招きして、「私の取り組んでいるちょっとええとこプロジェクト」を語って頂きました。来学期から本格的に7年生たち生徒自身が動き出します!



松井朝海さんからのメッセージです。

こんにちは!2021ミス日本グランプリの松井朝海です。

7年生に行った「私と社会貢献」というプレゼンテーションで伝えたかったのは、3つです。
1つ目は、SISは挑戦を後押ししてくれる学校だという事、2つ目は、ミス日本コンテストは、日本一綺麗な人ではなく「社会をより良くする人」を選ぶコンテストだという事、3つ目は、社会貢献はSDGsの達成に協力する事でも可能という事です。

例え、これらの挑戦や社会貢献の行動をすぐ起こせないとしても、焦ることはありません。十人十色の良さがあり、その多様性を重んじているのがSISです。
残り5年、目一杯、SISをいい意味で使って、充実した学校生活を送ってください!


 


<7年生の感想>

・一つのことだけに集中して、それ以外のことを、放っておくのではなく、世の中のすべてのことを色々な方法で改善していくことが大切だと思いました。SISの今まで知らなかった楽しみ方や、何でも先生などに言ってみると何かできることもたくさんあると知れてよかったです。また、ミス日本は顔だけで選ぶものではなく日本に貢献できそうな人が選ばれるのだと知り、朝海さんはとても日本に強い思いがある人だと思い、素晴らしいなと思いました。(松岡奏)


  • ・いろんなことに興味を持って、チャレンジすることが大事だとわかりました。松井さんの話を聞いてとてもインスパイアされました!私も里山やりたいと思っていたのでがんばります!(藤本蘭)


  • ・お話がすごく素敵で、今まさに7年生というSIS初期の私たちに「SISの上手な利用法」を教えていただき、ありがとうございました! 松井さんは、世の中をちょっとええところにするどころか、だいぶええとこにしてるなと感じました。また、関西学院大学国際学部卒と聞いて、どのような事を学んだのか教えてほしいなと思いました。(嶋田麻璃亜)